株主総会を終えて新たなる決意!

代表の入澤です。
先ほど、無事株主総会を終えました。

昨年度は正直、不甲斐ない決算だったので、色んな厳しいお言葉を覚悟しておりましたが、特に、ご心配を頂くこともなく、前向きな質問を頂き、大変ありがたかったです。

今期も、株主の皆さんもご期待に応えれるよう、精一杯取り組みたいと思います!

今日の総会で3つ大きなことが決まりましたので、こちらでもご報告致します。

一つは、定款変更により、決算月を変えました。これまで3月決算だったのを、8月決算に変更させて頂きました。なので、当該事業年度は、2019年4月~2020年8月の17か月間で決算することになります。

この意図ですが、やはり当社の事業環境において、下期偏重というのがあり、1Q、2Q、3Qと、累積赤字が続き、4Qで、黒字化という、決算を余儀なくされ、中には、前期のように「翌期へ持ち越し」みたいなことも出てきてしまい、着地が最後まで読めないという事もあります。

これまで12年間会社を経営してきて、やはり、8月のお盆が明け、9月になると、色んな事が動き出し、忙しくなってくるなぁという感覚があり、9月をスタートにし、1Qから黒字化を目指し、毎四半期累積黒字化し、株主の皆様に、安心して、当社に投資いただける環境を作ることが、最良の選択と判断致しました。

2つ目に、同じく定款変更の中で、「ベンチャー企業に対する投資及びその要請」等を目的事項に追加しました。
本日、株主様からも「投資会社になるつもりなのか?」というご質問を頂きましたが、決してそういう事ではなく、当社のIoTの技術やアセットを生かし、全く別の業界、もしくは、新たな業界に市場を拡大していくうえで、様々な会社と、資本提携やM&Aなどを加速させ、今までの事業で取り組んできたこととは、また違う、社会の問題を解決していき、エコモットを大きく成長させていきたいと考えています。
そういう、事業を「目的」として明確化させてもらいました。

先日、札幌の株式会社BULBさんと資本提携を結びました。
これは、BULBさんが、保有する様々な技術やプラットフォームと、当社のIoTを結び付け、「xTECH」「BOPIS」「シェアリングエコノミー」などをキーワードに、新たな付加価値で、新たなサービスを作っていくという、目標を掲げていますが、これだけでなく、これからも、こうした資本提携やM&Aなどの取り組みを推進していきたいと考えています。

3つ目は、新たに社外取締役として、KDDI株式会社IoTビジネスIoT推進本部 副本部長の柿嶋憲氏に就任していただきました。
今年1月の資本提携以降、当社のビジネス環境が良い意味で大きく変わってきておりますが、新たに社外役員として、KDDIさんにも入って頂くことで、より一層関係性を強化し、5Gの新たな時代に、共に成長させてもらえればと思っています。

最後に、株主様から「去年に比べ、社長ふっくらしてて、健康状態大丈夫かい?」というご指摘を頂いてしまいました・・・。(苦笑)もっと身体絞って、来年はシュっとして、皆さんの前に立ちたいと思います!

という事で、改めて、今期も必死に頑張っていきます!
応援よろしくお願いします!!

Pocket