ペダルを踏むよどこまでも

アドベントカレンダー14日目!

こんにちは、管理部の石田です。
前職の医療業界から転職し、今年の7月中旬に入社してちょうど5か月が経ちました。

今回は私の趣味であるロードバイクについてお話したいと思います。

 

きっかけ

元々20年以上乗っているママチャリが愛車だった私は自転車に乗ることが好きでした。
通勤はもちろん、出かける時はママチャリが主な交通手段だった私が出会ったのがアニメ「弱虫ペダル」です。
ストーリーはこちらをご覧ください
ロードバイクという競技用自転車がテーマということで試しに1話を視聴したところあっという間にハマりました。
1期のアニメが終わったタイミングで原作を全巻まとめ買い。
読み始めたら止まらず、特にインターハイ3日目の熱い戦いは涙を流しながら読破しました。

作品のおもしろさを受けてロードバイクデビューしたのは翌年の春。
安い買い物ではないので入念に下調べをし、お金を貯めて納得の一台を購入。
購入するにあたり紆余曲折があったのですが長くなるのでそれはまたの機会に…。

2015年に乗り始めてからあっという間に4年が経ちました。
初めてペダル漕いだ時の高揚感は忘れられませんし、未だに最初の一漕ぎはワクワクします。

 

ママチャリとの違い

ロードバイクは速さを求めて作られた自転車の為カゴや泥除けがついておらず、ママチャリが重さ平均約20kgに対してロードバイクは平均約8kg。
半分以下の重さで長時間漕いでも疲れません。

速度もママチャリが平均時速12km~18kmに対してロードバイクは平均時速20~30km、プロだと最高速度が70kmにもなるから驚きです。
その為往復100㎞程度の距離なら日帰りで帰ってこられますし、200km以上の長距離を走るイベントもあります。

 

メリットがいっぱい

私は週末に往復70~80km程度走ることが多いです。
ロードバイクを通じて知り合った様々な年代の知り合いと目的地を設定して走ったり、一人で自由気ままに走ったり…。
車や信号が少ない道路やサイクリングロードを選び、風に乗って一気に駆け抜けるととても気持ちがいいです!
普段は車で通り過ぎる何気ない道でも、変わりゆく景色を見ながら風や匂いを感じることで新鮮な気分になります。
行先は北広島、恵庭、定山渓、小樽、石狩、支笏湖など。
夏には一泊二日でニセコに行き羊蹄山周辺を回るといったプチ旅行やサイクリングイベントにも参加しています。

そしてサイクリング中に食べるご飯は絶品です!
運動したあとに食べるご飯はなぜあんなに美味しいのでしょうか。
お腹がすいているのでつい食べ過ぎてしまいますが、走って帰ることにより自然と消費をするので実質カロリーゼロ!
食べているはずなのに体重も体脂肪率も減りました。
筋肉量が増えて、自分でも体が引き締まっていくのがよくわかります。

朝早くに起きて準備をし、日差しを浴びて運動することにより夜は心地よい疲れの中ぐっすりと眠る。
デスクワーク故の運動不足やストレスを解消でき、自然と気分も前向きになります。

楽しみながら運動ができるロードバイク、思い切って始めてみると新しい世界が広がっていました!
社内にはロードバイクに乗っている方が結構いらっしゃると聞いたので、ぜひ一緒に走ってみたいです。

 

Pocket