現場ロイド

現場ロイドサイトへのリンク
現場ロイドは建設・災害現場でご利用いただいている「現場の見える化」サービスです。
製品やサービスについて、WEBサイトには載らないちょっとした話題や詳しい使い方をご紹介していきます。

【GR】電池で動く傾斜センサー!前編

こんにちは。エコモットメルマガ編集部 高西です。

実はエコモットでは、土木建設向け事業「現場ロイド」のお客様に、
月二回の頻度でメールマガジンを発行しているんです。

メルマガ登録はこちら

今回から、メルマガの中で読み物として面白いものをブログ記事としてピックアップする、
「製品ピックアップ」のコーナーを開始します!

第一弾は電池で動く傾斜センサー、「ぐらロイド」の紹介です。

配信当時の臨場感を残すため、まえがきの季節感が
ズレていますが、そこはご容赦ください!

続きを読む

【GR】LoRa傾斜計のフィールドテストをしたら足が棒になるくらい歩くことになった

アドベントカレンダー15日目は製品開発部の都鳥(とどり)がお伝えします。

先日、LPWA(LoRa)対応 地すべり予兆検知を可能にするIoT傾斜センサーのプレスリリースを致しました。
今回はこの製品のフィールド試験のお話をしようと思います。

<LPWA(LoRa)対応 地すべり予兆検知を可能にするIoT傾斜センサーを12/21提供開始>
https://www.ecomott.co.jp/press/2572/

続きを読む

【GR】新製品 高精度変位計測システム「DANA CLOUD™」発表!

こんにちは。高西です。

今回の大雨の被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

2018年8月24日、 当社は古野電気株式会社と共同で、地盤変位や人工構造物の変位をミリメートルオーダーで計測し、計測データをクラウド上で管理することのできる、高精度3次元変位計測システム「DANA CLOUD(TM)(ダーナクラウド)」の開発を発表致しました。

続きを読む

【GR】平成30年7月豪雨(西日本豪雨)と雨量予測による気候リスク軽減

みなさん、こんにちは
製品開発部の細川です。

先月、西日本を襲った記録的豪雨『平成30年7月豪雨(西日本豪雨)』では各地で河川の氾濫や土砂災害を引き起こし、一瞬にして尊い人命と財産が奪われました。
今回の豪雨による被害のお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復旧を心からお祈りいたします。

先日、個人的に災害復興支援の寄付金を『ふるさと納税』から寄付してみました。
自治体を直接指定し、応援メッセージを付けて支援できる仕組みはとても便利だと思います。

さて、現場の局所的な豪雨時に少しでも早く危険を察知(予測)し、いつでも避難できる準備を整えられるように、サインロイド2の『現地で計測した雨量』と『予測雨量』のデータを活用してみます。

続きを読む

【GR】AIで風速を予測して、強風による工事の遅延を最小限 に!

風速予測機能で強風に備えよう!

ご利用いただいたことがあるかもしれませんが、
「サインロイド2」は水位・雨量・降水 確率・風速などといった気象計測データをはじめ、
騒音・振動・濁度・pH・伸縮・傾斜 などの各種アナログ計測データの表示にも対応した汎用LED表示板です。

しかし!
「サインロイド2」は計測データを表示するだけの、 ただのLED表示板ではありません。
実は人工知能(AI)によって、 データ計測した現地の一時間後の風速を予測して表示することができるのです。

「サインロイド2」は気象庁からの予測データを取得し、
そこに現地の 風速(風向)データや機器設置場所の緯度と経度、高度、周辺エリアの 大気の流れなど、
さまざまなデータを用いて予測を行います。

続きを読む

【GR】AIカメラが現場をみまもる!? 遠隔監視は新時代へ!

こんにちは!エコモットの松平です。

以前のメルマガで弊社カメラソリューション、
「ミルモットREC」と「ミルモットHD」を
ご紹介しました。

ミルモット。
手前味噌ですがなかなかユニークな名前だと思っています。

ミルモットと聞くと、つい昔好きだったアニメ。
「まじかる☆タルるートくん」に登場する道具の一つ
「見Hん」を思い出してしまいます。

見た目はただのゴーグルのようなこの道具。
「みるみる~」と言いながら使うといろんなものが透視できる、
という能力を持っています。懐かしい。

ミルモットのお話をする度に、ほーーんの少しだけですが、
「みるみる~」というワードが頭をかすめて、
少年時代を思い出してしまいます…

話がかなりそれましたが本題に。
今日はAI機能を搭載した「エッジAIカメラ MRM-900」をご紹介します!


続きを読む