北の起業家表彰で「大賞」を頂きました

代表の入澤です。

とても嬉しいことがありました。
札幌商工会議所の北の起業家表彰で、「大賞」をもらいました!

https://www.sapporo-cci.or.jp/web/about/files/1547775868-1.pdf

昨日、表彰式があり、こんな感じで受賞しました。


15年ぶりの大賞だそうで、大変光栄です。
過去の受賞者一覧
https://www.sapporo-cci.or.jp/web/book/h28rec/HTML5/sd.html#/page/10

実は、僕この賞をもらうのをずーーーっと、夢見ていました。
創業した時、10万円の資本金でしたので、少しでも会社をちゃんと見せようと、事務所の扉に「会員之章」を貼りたくて、加入したのを今でも覚えてます。
なんか、当時は「商工会議所」って大人の団体で、これに入ってれば、一人前にみられるかなって思ってたんですね。

10万円資本金なのに、年会費3万7000円も払って!!

↓これです。

その時に、商工会議所ってどういうところなんだろうと、見てるときに「北の起業家表彰」というのが目に留まりました。
その時、瞬間的に、「あっ、いつか、この大賞を取りたい!」って思ったのを覚えてます。

ところが、起業したのは平成19年でしたが、平成20年を最後に、この賞は行われなくなりました・・・。

それでも、札幌商工会議所では、色々お世話になりました。
初めて借入をする時に「マル優」のハンコをもらうため、白石支所に行って、苦い思いをしたこともあります・・。

また、2009年(平成21年)「創業者助成金」に応募して、ずらっと並ぶ専門家の皆さんの前でプレゼンをし、授与されることになりました。あの時はうれしかったです。
その時もらった100万円の助成金は、当時の僕にとって、どれだけ大きかったか。

そして、2014年(平成26年)に「北の起業家表彰」が6年ぶりに開催されるという事で、「おー、夢の大賞狙うぞ!」と、すかさず「自薦」で申し込みました(笑)

その時は、ちょうど今の事務所に引っ越してきて、社員も50名位だったと思います。
しかし、その時は「奨励賞」をもらいました。
まだまだ、「大賞」をもらうには、実績も知名度も無かったですね。
しかし、僕は生意気にも「大賞を取ることを夢見てたので、奨励賞なら辞退します!また次あるときもっと力つけて、再度挑戦します!」と言いました。

けれど、「奨励賞を取ってから、またその上の賞をもらうことだってあるんだから、素直にもらっておきなさい」といろんな方に、諭され、素直に受賞させてもらいました。

それから4年後。2年おきに開催されている北の起業家表彰がまた今年も始まるというビラを見て、すかさず、「自薦」で再度申し込みました!
この4年の間に、ルフィ以上に成長できたはず!

そして・・・・

「入澤さん、おめでとうございます。大賞に選ばれました!!」

受賞の報を聞いたとき、本当に、本当にうれしかったです!!
これは、自分が獲りたくても、認めてもらえないともらえない賞なので、喜びもひとしおです。

ただ一方で、この賞の重みを誰よりも理解し、その賞に負けないよう、もっと精進していかねばと身が引き締まりました。

これからも精進して、次の夢に向けて猪突猛進で頑張ります!

Pocket